スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同級生を金づちで殴打=中3女子生徒を逮捕―岩手県警(時事通信)

 中学校のトイレで同級生を金づちで殴り負傷させたとして、岩手県警花巻署は26日までに、傷害の疑いで同県花巻市の市立中学校に通う3年生の女子生徒(15)を逮捕した。
 同署によると、25日午後5時25分ごろ、校内のトイレで同級生の女子生徒(15)の後頭部を持っていた金づちで殴った疑い。
 同級生は後頭部を数針縫うけがで、騒ぎに気付いた教諭がトイレに駆け付け、119番した。 

JR西 新型車両を公開 尼崎脱線教訓に安全性高め(毎日新聞)
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省(時事通信)
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
<指定薬物販売容疑>ラッシュ9千本密売か、警視庁が男逮捕(毎日新聞)
「認めてもらえるよう頑張る」AKB内ユニット「渡り廊下走り隊」の新メンバー初お披露目
スポンサーサイト

「1億円金塊」を返還=ふるさと創生活用、兵庫・淡路市(時事通信)

 兵庫県淡路市(淡路島)で15日、1989年のふるさと創生事業として交付された1億円を活用して、同市が借りていた金塊(53.5キロ)を、三菱マテリアル(東京)に返還する記念式典が開かれた。
 金塊は、旧津名町が1億円を保証金として同社に預け、静の里公園資料館で89年から展示。直接金に触れられるという展示方法で話題を呼び、98年に年間入場者数が最多の約39万人となるなど、累計で約377万人を集めた。
 しかし、金相場の高騰で、追加の保証金を求められたため、同市が返還を決めた。市に戻る保証金1億円は、市民サービスの向上に活用するという。同資料館は今後、金塊のレプリカや記念写真などを展示する。 

小沢氏問題で野党、政倫審公開を=山岡氏「ルールに従い対応」(時事通信)
履歴書で捜索願?養女なのに1枚もなかった顔写真…大阪・ポリ袋死体遺棄事件(スポーツ報知)
15年度の医薬品事業売上高を1200億円に―キョーリン(医療介護CBニュース)
女子生徒にみだらな行為=24歳教諭、容疑で逮捕-千葉県警(時事通信)
<雑記帳>イカ、サバ原料に「お魚屋さんのギョーザ」…八戸(毎日新聞)

京都で制作、人気 偉人150人ゴム印の掛け軸に(産経新聞)

 京都市伏見区のゴム印製造業、鈎(まがり)信康さんが、国内外の偉人をかたどったゴム印で掛け軸の制作、販売を始め、人気を集めている。150人の偉人のゴム印を和紙に一つ一つ押して仕立てたもので、平安時代の武将・源義経や米国大統領のリンカーンらがずらり。鈎さんは「世界の歴史を楽しみながら学んでもらえれば」と話している。

 鈎さんは歴史好きが高じ、平成4年ごろから自身が経営するゴム印工場で偉人スタンプの制作を始めた。4年後には150種類に増えたが、その後、不況のため事業規模を縮小。だがゴム印を使った掛け軸を作り、同区内の店で販売を始めたところ、口コミなどで評判が広がったという。

 掛け軸の偉人は、江戸時代の図録「集古十種」を参考に聖徳太子や武田信玄、豊臣秀吉ら国内の50人と、海外からはアレキサンダー大王やベートーベンら100人。日本史と世界史を彩る豪華な顔ぶれが並ぶ。

 鈎さんが和紙にゴム印を押し、朱印表装も手がける京職人が掛け軸に仕立て上げる。価格は3万円からで、鈎さんは「150人の一人一人を調べ、歴史への探求心を満たしてほしい。多くの人に愛される作品になれば」と話している。問い合わせは鈎商店(TEL075・531・2304)。

【関連記事】
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜
平城遷都1300年 法隆寺の国宝・伝法堂の仏像群を公開
【京都MONO語り】金網工芸「高台寺金網つじ」 食卓彩る優美な実用品
【京のいろ】北野天満宮 「瑞饋祭」 秋の訪れ 豊作に感謝
【京都MONO語り】魚そうめん「茨木屋」 祇園祭に「涼」を味わう
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

取り立てチーム 船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
公益法人など78候補判明=20日から仕分け後半戦(時事通信)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑-大阪府警(時事通信)
小沢氏、不気味な沈黙 党内反対勢力と“全面対決”も(産経新聞)
「県警に行って」無賃乗車の男を現行犯逮捕(読売新聞)
プロフィール

Author:やはぎけんいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。